広島の心理カウンセリング 【 くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

こころのこと(メンタル)

言葉はウソをつく?

  嫌いキライも好きのうち、という表現があります。 本当に嫌いなのか、それともその奥にある本当の 気持ちに、あなた自身が気付けていないなんてこともあります。 例えば、「私には無理、そんな大役つとまらない」 と思 …

「産んでくれてありがとう」と言えた日

母の日を迎える思いは悲喜交々だと思います。 赤いカーネーション、白いカーネーション、 商戦誘導のギフト母の日あり。私は、ずっと ”一般的な”体裁を整えた母の日を過ごしてき ましたが、心は整っていませんでした。 ある日、自 …

心はどこを向いているのか?

無色透明で形も見せず音もさせない「こころ」に、 私たちはしばしば翻弄されてしまう。 臓器のように血を滴らせて迫ってくるわけではない のに、あたかも自分が主人であるかのように肉体をも凌駕する「こころ」。 いったい自分が何を …

苦しみのその奥にあるのは

  抱えきれない苦しさや逃れられない切なさに、 いっそ「自分」をやめてしまいたいと思う夜、 それでもその苦しみはなおどうしようもなく深くなるばかり。 もしかしたらその苦しさは、あなたがあなた であることを本当は …

それはあなたじゃなくて「トカゲの脳」が反応してるんです

何気ない一言に思わずムッとしたり 反論したくなったり やっつけてしまいたくなったりしたこと、 誰もが経験あることかも知れません。 そして、そういう自分の感情に「罪悪感」や 「後ろめたさ」や「情けなさ」のようなもの を感じ …

クリーニング店の店先で

その女性は、若くて色白で肌も顔の筋肉にもハリ と弾力性があった。対応もていねいで言葉遣いも 間違いはない。感じも悪くない。仕事もまじめだ。 でも、いつも私は感じる。 彼女の心の中は、もっともっと自分を表現したい。 これは …

幸せを感じる瞬間

彼女は離婚し、小さな子どもたちをずっと一人で 育ててきました。第一線で戦士のように働き男性 並みの収入を得ていましたが、体は疲れを引きずり、 心はいつ壊れてもおかしくないくらい疲弊していました。 消えることがない不安を抱 …

自分への応援ソング

もう20年以上も前になりますが、起きている ときも寝ているときも、ただ泣いていた時が ありました。 言葉にならない悲しみと寂しさと、それに 耐えられない苦しさ。弱い自分を許すことも、 そこから逃げることもできなかったとき …

主語を変えてみる

季節の変わり目に頭痛がすることがあります。 でも極力薬を飲みたくない私。我慢して我慢して 我慢しきれない時のために薬は用意している。 ある時とうとう我慢できず、何かどこか悪いのかもと CTをとり、MRIまで撮ったが異常な …

« 1 17 18 19
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP