広島の心理カウンセリング 【くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

花鳥風月

日本の四季折々の美しさや和文化にまつわることを綴っています。

山の端の月

窓を開けると 山にかかるような 小さな月と明るい星が見えた 地上がどうあろうと このヒト(じゃないけど)たちは ずっと同じように回ってるんだね 下を流れる小川のせせらぎが まるでニセモノに感じられる 酷暑の夜

七夕茶会

季節を感じたり、涼を演出したり そして日々の生活の中にある「考えごと」などを脇において 一服楽しむひとときがあっても良いですね。

夕焼けを見るたびに

夕焼けを見た 夕焼けってなんだか懐かしい、温かい そして何故だか少し寂しさも漂っている 夕焼けを見るたび きっと私たちは準備しているのだろう 未来に感じる何かを

可憐さと強さと

この世はバランスなんだなぁ。

田植祭り

先週の日曜日、縮景園で毎年恒例の「田植祭り」がありました。 浅野藩の大名庭園だった縮景園には「有年場」と呼ばれる田んぼがあり、実際に田植えから稲刈りまで稲の生長を見ることができます。 「田植祭り」は、藩主が五穀豊穣と民の …

紫陽花の花言葉

縮景園の紫陽花が見頃です。 同じ根っこなのに違う色の花をつけていたり 一つの花の色が変化するのも見ていて楽しいです。 花言葉は、色によって違うそうです。 ピンク:元気な女性 白:寛容 青:辛抱強い愛情 ガクアジサイ:謙虚 …

樹齢600年の盆栽を前にして

樹齢600年という松の盆栽を拝見する機会を賜りました。 出典:詳説・皇居大道庭園の盆栽 600年。。。関ヶ原の戦いよりも前から生きている松 幾多の人の手と時代を経て何を見てきたのだろう。 連綿と育て守られながら、 もしか …

少しだけ回り道

バスを降りて散歩がてら いつもより少しだけゆっくりと 歩いてみました。 斜め上を見上げてみたら 小さいけど藤棚があって 振り返ると 美しく咲き誇っていたのは五月?つつじ? (毎年悩ましいー苦笑) 曲がり角には寄せ植えがち …

明けの明星

見る時間見る角度で毎旬変わる空模様。

記憶はレンズの中で

探さなくてもいつでも取り出せる記憶は 私のハードディスクの中にあって 決して色褪せることもない。

1 2 3 8 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP