広島の心理カウンセリング 【くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

家族

広い意味での家族や親戚とのこと、気づきを綴っています。

母の日こもごも

連綿とつながっているのですね。

父の美意識

子どもの頃、田舎に帰省するたびに 父は近所や親戚に土産物を届けていた。 そして先方からも何かしら頂き物をしていた のだが、父はその時にお礼を言った後 道やお寺やどこかで顔を合わせた際にも またお礼を言い、翌日までお礼を言 …

親が子に

親が子にしてやれること というよりは 母親でいえば 出産という経験をさせてもらい 授乳・おむつ替えに始まる 育児・子育てに関する諸々の体験と 悲喜こもごもを味わわせてもらい ヒトが人間に成っていく過程を 共に歩ませてもら …

ジャガイモの芽を

息子がじゃがいもを使って 何やら作りたいらしいのだが やれ、芽が出とるだの 何か白いものがついとるだのと 小うるさい。 彼は、大学生になった途端 私に「かまうな」宣言をしてから 自分で料理をするようになったのだが 時々あ …

おせちよりも

(画像はお借りしました) 帰省した息子は、おせちにほとんど手をつけず ほうれん草のおひたしや肉じゃがや出汁巻など 普段食卓に並ぶものを大量に食べていました。 念入りに出汁をとった雑煮用のすまし汁は 最小限しか口にせず、 …

80代母の女子力

母が入院しました(元気なので心配いりません)。 杖なしで歩くのはふらつくのですが 少々見栄を張り「平気」を装っています。 それが、病室まで案内してくれた若い男性 ナースが現れた途端、はかなげに私の腕を すすんで取り、か弱 …

みんな忘れている

息子と買い物にでかけ食事をしていると どこからか小さな子どもの泣き声や 少し騒がしい様子も聞こえてきました。 息子の顔がややゆがみ 「うるさいな~」と 小さくつぶやきました。 母「みんな小さい時は,ああなんだよね」 息子 …

面影を追って

その昔、妹は百恵ちゃん(山口百恵さん)の 大ファンで小学生の頃から「明星」「平凡」 などの雑誌についているポスターを部屋に 大きく張っていました。 彼女は自分の息子の名前に 百恵ちゃんのご子息の名前を 勝手にもらったくら …

わかっているけど

久しぶりに母と妹と3人で食事をした。 母は出された食事を完食し、スイーツも別腹で 食べる元気を持っている。 それは有難いことだと思っている。 体のあちこちはやはり衰えていて 足がむくむらしく、靴のかぶせる部分を 留めずに …

「文化の日」に思い出すこと

きょうは「文化の日」です。 父は生前、文化の日を「明治節」 勤労感謝の日は「新嘗祭」だと 言っていました。 いろいろウンチクを父のペースで説明して くれているのですが 母も二人の娘も「既読スルー」状態で 音をたてないよう …

1 2 3 7 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP