広島の心理カウンセリング 【 くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト
世界の愛を受け取る(ブログ)

ほっと一息

ほっと一息つけるような、ちょっとした小話です。

気になる「鯉」のゆくえ

広島駅の向こうの球場のライトが見えます。 今日は、街中が真っ赤っかになる予定・予感の 日でした。 試合後もず~っと点いているライト。 何故か地響きのように太鼓の音らしきものが 響いてくるんです。 気のせいでしょうか? 応 …

街の洋食屋さん

(写真はイメージです) 大阪森ノ宮駅からピロティホールに行く途中に そのお店はありました。 外の見本のショーケースも看板もいかにも昭和 チック。意を決して中に入ると予想をたがわず 昭和な雰囲気、そして満席の店内に笑顔の客 …

仕舞

9月になった途端に使わなくていいなと思った。 夏の間中、こちらにはお世話になりました。 (新品のままで長い間引き出しにあったのですが、 捨てられなかったのは今年が出番だったからなんですね笑) 家では、この手拭いに保冷剤を …

リアルの素敵

本社開催のくれたけワンデーに参加しました。 午前中は、所属カウンセラーのミーティングで スカイプその他でのやりとりはあっても リアルでは「初めまして」の方が ほとんどでした。 にもかかわらず、全く違和感なく まるで旧知の …

今日のことば

神社仏閣の好きな祖母の部屋の隅っこに そのままあった「今日のことば」の短冊集。 パッと開いて出てきたのは 「あなたはムダに此の世に 生れてきたのではない あなたでなければ出来ない仕事が 何か一つはきっとあるということだ」 …

本家の長男

今年のお盆も祖父母宅でいとこ会をした。 祖父母はすでに亡く、伯父も他界して久しい。 伯父の時代に、私たちが子どもだった頃 お金では買えない楽しい思い出と 普段の生活ではできない体験を共有して 大人になった。 その体験がみ …

迷子の蝉

夜、窓のあたりで蝉が鳴いていた いつの間にかわが家のリビングに入り 灯りの傘にとまっている 手が届かず、出してやれないまま 明け方いつもより早く窓をあけた 蝉のことは忘れていた 日が昇ってしばらくすると また窓のそばで蝉 …

布団干し

突然長男が帰省するとラインがあった。 布団を干した タオルケットも新しいのを出してきた 枕カバーを付け替えた マットレスを裏返しながら 押し入れにしまっていた 心も日なたに出して 一緒に干しているような気がした。

ひらめいたのに

            今朝、掃除しながらひらめいたんです。 あ、これ今日のブログに書こうって しかも5行以内に納まりそうなイイ感じの予感 なのに…帰宅して思い …

専属の神様

                今の状態があなたにとって望ましいもので なかったり 地に足がついていないような心もとなさや 恐さや不安があっ …

1 2 3 16 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP