%e3%82%b9%e3%83%91%ef%bc%92

 

初めて「腸もみ」という体験をしました。

腸が大切ということは、藤田浩一郎先生の
ご著書「脳はバカ、腸はかしこい」や
「腸内革命~腸は第二の脳である」などで
知識の断片としては頭の片隅にあったので
すが、普段はそんなに腸のことを意識して
いるわけでもなく過ごしていました。

腸もみをする前に、緊張を解きほぐすため
軽めのヘッドマッサージと極軽めのフェイス
マッサージというよりツボ押し?全身を
緩める軽いマッサージをして頂きました。

この時、頭のてっぺんの感触が足先まで
つながっているのを感じたり、左右の差
を感じたり、人間の体のつながり~普段
はあまり意識していないつながり~のよう
なものを感じました。

そして、腸もみの40分間。
何とも不思議な感覚でした。
腸もみさんの手が、腸との対話を促して
いるようでした。

何も言わず24時間、意思に関係なく独自の
判断で私のために動いてくれている腸に対
して感謝が湧くというか、しみじみと凄い
なと思いました。

腸が整うと心も整う、その逆もまた真なり。
腸もみを通して、人を診ておられる腸もみ
さんのお話しもスッと入ってきました。

施術後、身体の声がいつもよりハッキリ
聞こえてくるようでした。