例え今、望ましくない状態であっても
そこに評価を持ち込まず
良し悪しをつけず
何も足さず何も引かず
ただ「今はそういう状態なのだ」として
見る時
執着から自由になれたりします。