被爆72年目の今年の平和式典で
子ども代表のあいさつが心に残りました。

「苦しい中、必死で生きてきた人々がいなければ、今の広島はありません。」
「一人ひとりの命の重みを知ること、互いを認めあうこと」

一緒に創るはずだった未来を
一瞬にして奪われた人たちがいるということ

私たちは、しばしば
自分で生きているつもりになっていますが
本当は生かされているということ
命をいただいているのだということを
あらためて想いました。