ある方のご紹介でこの本を手にしました。
たぶん広告だけだったらスルーしていたかも。

平易なことばで、タイトルだけ見れば
「あたりまえ」のことが書かれています。
でも、届き方が違う。
深さが違う。
奥まで届く。
(乳酸菌ではないのですが)

言葉と行動を一致させて来た人だけが
届けることができる
言葉のチカラとエネルギーがずっと生きていて
阿闍梨様は亡くなっていらっしゃるのに
生きて届いてきます。

阿闍梨様の表情の美しさの源泉は、
心と行動の一致にあるのかなと
勝手ながら受け取っています。

読めば読むほど深い本です。
きっと、読まれた人の数だけ届くことも
違ってくるのかも知れません。