未来への希望

思うようにことが進まなかったり、期待通りの
展開にならないとき、自分に対する不満から
味わいたくない感情が湧いてくることがあります。

そんなとき、身体が固くなったり、顔の表情も
険しくなったりします。何かを扱うしぐさが
乱雑になったり、扱えない自分自身に困惑したり。

それだけ思いが強いということかも知れません。
そんな自分がいるっていうことを知ることは、
確実に人生を豊かにしていると思う。

見た目の器より、もっと深く大きな器を作って
いる途中なんだと思う。