今この一瞬、刹那を生きるということ

例えばこんな風に

寓話の世界でも
その世界をその言葉をその一瞬を
一所懸命に

だから、感動が色あせないんだと思う。