自分自身のオーナーは
自分なんだと
意識してもいいのかも知れない。

たとえば
差し入れのお菓子をいつの間にか
想定外に食べてしまっていたり
(お菓子に支配されている)

見始めたDVDや本が面白くて
止まらなくなってしまったり
(DVDや本に支配されている)

ふと出会った懐かしい人との会話が
延々続いてしまっていたり
(懐かしさや思い出に支配されている)
などなど

それで
あーよかった。良い時間だったなーと
心から喜べればよいのだけれど
もし
こんなはずではなかったのに
と、後悔する時は

それは、あなたの人生の主導権を
誰かに(人でもモノでも)
明け渡してしまってるということ

同じ動作をしていても
自分でコレを選ぶ
自分でそうすると決める
それだけで見える景色や1日の流れが少し変わってくるのかもしれません。