豪華な宝石も高価なバックも車も
つい食べてきたものも
何となくつきあってきた人も
本当は要らなかった

本当に欲しいものじゃなかった
一瞬満たされたような気がしたけど
そうじゃなかった
それじゃなかった

本当に要るもの
欲しかったものに近づくのがこわくて
目くらましをしてただけなのかも

こんなに近くにあったのに
気づくのがこわかっただけなのかも。