あなたが、もし
まだ何か「足りない」と
感じていらっしゃるとしたら

それは

ご自身への愛

なのかも知れません。