水辺のほとり

流水の音が心地よく

命が喜んでいるのを感じる

母の胎内を想い出すからなのか

私たちも水のように流れてきて

流れてゆくものだからなのか

流水のしぶきが陽に輝いていた春の日。