親が子にしてやれること

というよりは

母親でいえば
出産という経験をさせてもらい
授乳・おむつ替えに始まる
育児・子育てに関する諸々の体験と
悲喜こもごもを味わわせてもらい

ヒトが人間に成っていく過程を
共に歩ませてもらう中で
自分という存在に
いやでも直面する機会をもらっている

子育てには失敗も成功もないと言う
確かにそうだろう

失敗したなどと言っては子に失礼であるし
成功したなどと言える筈もなく
密かに自分の至らなさを申し訳なくも
思っており

つまりは
生まれてくれてありがとう
私を親に選んでくれてありがとう
という
それ以上でも以下でもないところで
親にしてもらったことを感謝している

・・・・・

・・・・・

・・・・・

ブログには書いておこう。
(湧いてくる感情は日々いろいろあれど)