「五里霧中」を「五里夢中」と書く中学生は
実はそう多くないらしい。
でも「絶体絶命」は「絶対絶命」と間違えて
しまうケースが半分くらいあるという話も。
四字熟語、日本語って奥が深くて楽しいですね。

さておき
きょうの広島、あさからずっと霧に包まれて
おりましてまさに「五里霧中」でした。

玄関先も水浸しで、まるで共用部分清掃日の
ようでした。

でもね、
こういう時って、意外に助かることもあるんです。

いつもわざわざ濡らした布で拭いているところを
乾拭きすればきれいになるし
ベランダの溝掃除もラクラクです。
乾燥しがちな冬日のちょっとした潤いデーです。

とはいえ、
こんなのんきなことが言ってられるのも
「たま」だからなんですけどね。

なので
ちょっとだけ霧の中で「夢中」になって
お掃除したカウンセラーの巻でした。