べっ甲だと思っていたら べっ甲風の樹脂だった
ダイヤモンドに見えたけど ジルコンだった

綺麗な色のベーコンだと思ったら
昆虫のカルミンの色だった

チョコレートって、砂糖と植物性油脂が
メインなのかと思っていたら
ホンモノはカカオと砂糖だけでできていた

見守ってくれていると思ったら
コントロールされていた

信頼しているつもりだったけど
依存しているだけだった

愛だと信じていたものは
執着だった

「の・ようなもの」をどれだけ追いかけても
もっと欲しくなる
まだまだ足りない

本当に欲しいものは、何?
求めているものは何ですか。