チョコレートが「カカオ」と「砂糖」だけで
できることを初めて知りました。
というか、ホンモノのチョコレートは
原材料「カカオ豆、砂糖」だけなんだという
シンプルな事実を知った衝撃。

そして、ホットチョコレートは
そのホンモノのチョコレートを暖かいミルク
(牛乳)で溶かしたものだということも。

目の前で実演してすぐその場でいただいた
板チョコ1枚を丸ごと溶かし込んだ
ホットチョコレートは
カカオの味わい深い濃厚な香りを引き立て
甘くてシンプルに美味しい。

そして、後に引かない甘さと
Sサイズの紙コップなのだけど
もうこれ1っ杯で充分な満足と幸せが
感じられて飢餓のように「もっと」は
湧いてこない。

ホンモノの持つチカラのようなものを
感じたひとときでした。

カカオの産地別チョコレート。