詩人吉野弘さんの「祝婚歌」や「奈々子に」
などの詩はあまりにも有名ですが
他にもたくさんわかりやすい言葉を使った
奥深い作品を残しておられます。

その中から一篇ご紹介いたします。

***

「自分自身に」
吉野弘

他人を励ますことはできても
自分を励ますことは難しい
だから ー というべきか
しかし ー というべきか
自分がまだひらく花だと
思える間はそう思うがいい
すこしの気恥ずかしさに耐え
すこしの無理をしてでも
淡いにぎやかさのなかに
自分を遊ばせておくがいい

出典:「新選吉野弘詩集」思潮社