お伊勢参りの間、時々「天使のはしご」に
出会いました。
誰かが見つけて、みんなで「わっ」という
感じで喜んでいました。

雲と光の加減と言ってしまえばそれだけ
なのですが、そこに何がしかを感じ見出し
ているとしたら

そこには未来に対する漠然とした不安なども
あるのかもしれませんが、それよりも

いまここに生きていることの不思議さや
どんなに文明が進歩しようとも人もまた
自然の一部でしかないことを私たちは
どこかで知っていて、言葉にできない
感覚や共鳴のようなものを体感の奥深くで
感じているのではないかなと思うのです。