真空調理の楽しさ意外さ美味しさに
出会いました。

この中で「真空調理」されたものは
秋刀魚の甘辛煮とご飯です。

-30℃から130℃の高温まで耐えられる
ポリエチレンの袋に材料と調味料を入れて
98℃のお湯の中でゆでるだけで出来上がり。

災害時にも利用される調理法とのことですが
臨時の味ではなくて料亭の味でした。
私にも美味しくできるかもという「希望」が
湧きました笑。

この日は、レモングラスのマットを編んで
蒸した海老。絶品でした。
これも私にもできそう笑。

この他4種のフルーツ+生ハムの食べ比べや
酒粕のケーキ、トムヤムクンの冬瓜スープ等々
今回も盛りだくさんの美味しいお料理を頂きました。

毎回、見た目の期待を裏切りまくりの
田村明子先生の「美味しいハーブ&スパイス講座」
次回は10月26日だそうです。

レモングラスティー、見た目のワイルドさと違ってまろやかで美味しいです。