自己肯定感が高くても低くても
何かをするのに支障はなくて

それよりも低いからダメだとする方が
ダメだったりする

低いなら低いなりに
今の自分でできることをやったらいい

そのうちに「自己肯定感」という罠から
解放されていることに気づけるでしょう。