1979年の7月26日、愛知県の篠島と
いうところに行きました。
修学旅行以外で京都より東に行った
ことなかった私が行ったのは

「吉田拓郎アイランドツアーin篠島」

母の人形のようだった私が、母に友
だちの家に泊まりに行くと言って
出かけた大冒険ツアーでした。

拓郎さんのことが特別好きだったと
いうより、拓郎さんのことが大好き
な先輩に私たち二人がついていくみ
たいな感じでした。

一晩中あったコンサートのことを、
もしかしたら、一晩中語れるかも知
れません。社会のことも日本のこと
も、自分が何をどうしたいのかもわ
からなかった、ラジオと音楽と本が
友だちだった10代の自分にとって、
それは大大大事件であったのでした。

日本全国津々浦々までを鉄道が走り
寝台特急が夢をたくさん乗せて走って
いた時代の話でした。

「コンサートin篠島」の拓郎さんは
映像を拝見すると、唇も外向きで全体
的に尖っている感じ。
ちょっと微笑ましい、と感じる今の私。

私もまだまだ人生は語れません。
生きてみないと、ね。

吉田拓郎「人生を語らず」(85年つま恋)